矢野工務店のコンセプト・・・無いものは造る! 

見学会終了。

『にぎやかはうす』 の見学会が無事に終了しました。

雨の中でしたが沢山の方にご来場頂きました。

OBのY様も3人目のお子さんが生まれたそうで子供室の間仕切りのご相談に来て頂きました。

2016-5-30-2.jpg

2016-5-30-1.jpg

2016-5-30-3.jpg

2016-5-30-4.jpg

見学会の終了後は各設備機器等の取扱説明をしてお引き渡しです。

2016-5-30-5.jpg

2016-5-30-6.jpg

ご両親のお父さんお母さんにも祝福していただき和やかなお引渡し式となりました。

施主のI様には快く見学会を了承していただき感謝しています。

今後とも末永いお付き合いを宜しくお願いします。

本当にありがとうございました(^^)!
スポンサーサイト
12:16 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

見学会開催中。

お施主様のご厚意で土佐市にて見学会を開催中です。

皆様のご来場をお待ちしております。

2016-5-29-2.jpg

2016-5-29-1.jpg

『にぎやかはうす』 完成見学会

開催日:2016年5月28日()・29日()

時間:10:00〜17:00

場所:土佐市高岡町
08:34 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

「耐震等級3」にこだわる。

熊本地震のような2回の震度7の地震に建物が耐えるためには現行の耐震基準より

5割増しの強度が必要になることが京都大工学研究所の

竹脇出教授(建築構造学)の研究グループの解析で分かったそうです。

長期優良住宅の耐震基準レベルは現行の耐震基準より「2割5分増し」「耐震等級2」となっています。

矢野工務店の長期優良住宅は現行の耐震基準より「5割増し」「耐震等級3」以上を標準としています。

柱や梁、筋交いといった軸組の剛性だけでなく、地震に強いMoiss等の面材を用い、

建物を6面体の強い箱形状にして地震力を建物全体でバランスよく負担します。

たとえばリビングに大きな吹き抜けを設ける場合は床の剛性が不足しての床倍率が落ちる場合があります。
(壁倍率3等級+床倍率3等級=耐震等級3となります)

建物の構造体に「ねじれ現象」が起きないように2階登り梁の接合を構造用合板(28mm)で固めて

屋根面の剛性を高め、床倍率3を確保します。

地震だけでなく風圧にも耐えるよう風圧梁も許容応力度計算をして安全を確かめます。

矢野工務店は、いままで建てた家も、そしてこれから建てる家も全て「耐震等級3」にこだわります。

2016-5-23-1.jpg

2016-5-23-2.jpg
21:29 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

地鎮祭。

8日の日曜日に2件のお客様の地鎮祭を行ないました。


午前中は四万十町Y様の こだわりいっぱい 「想叶の家」 (そのかのいえ)
2016-5-7-1-1.jpg


午後はいの町M様の みんなで楽しい 「和・輪・笑ハウス」 (わ・わ・わハウス)
2016-5-7-2-2.jpg


2件とも長期優良住宅&省令準耐火仕様です。

2件とも個性的で「落ち着ける居場所が沢山ある家」です。

工事工程をブログアップしていきます(^^)!

完成がとても楽しみです。

ありがとうございます。


21:36 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

現場監督もスケッチアップでモデリング。

矢野工務店には現在(統括の専務を除いて)4人の現場監督がいます。

4人共スケッチアップを使いこなします。

大手の建設会社が B I M を使用するように工務店でも木造の軸組や設備経路等を

スケッチアップでモデリングする事で複雑で難しい納まりや施工手順を

シンプルに伝え、間違いなく収めていく事が出来ます。


家具や造作の納まりもお客様や設計者の意図を現場の大工に的確に

伝えやすく管理できることは品質管理や工程の短縮にも繋がります。

2Dの展開図に比べても断然わかりやすく、納まり等にたとえ不具合や

ミスがあったとしても初心者でも気が付きやすく、すぐに改善出来ます。


工務店にとってはなくてはならないアイテムだと、僕は思います。


須崎市吾井郷で建築中の 「木風楽の家」(きふらのいえ)
2016-5-6-1.jpg

2016-5-6-2.jpg

BIM(ビルディングインフォメーションモデル)は、建物のライフサイクルにおいてそのデータを構築管理するための行程である。典型的には、3次元のリアルタイムでダイナミックなビルディングモデリングソフトウェアを使用して建物設計および建設の生産性を向上させる]。この行程ではビルディングインフォメーションモデル(BIM)を作成し、そこには建物形状、空間関係、地理情報、建物部材の数量や特性が含まれる。
※ウィキペディア参照
18:53 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

ここなの家 のご紹介

ホームページのトップ画面が変わります。

2016年5月は、佐川町の ここなの家 のご紹介です。

   ほん和かはうす → ここなの家

2016-5-2-1.jpg
21:09 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

四万十町で現調。

GWは四万十町三昧です。

1日は新規のお客様の土地測量と打ち合わせ。

2日は週開けに地鎮祭を行う予定のY様と配置について現地で打ち合わせです。

その後は大正町に耐震診断。

時より気持ち良い風が吹き、山は新緑で、のどかな風景はとても癒やされます。

2016-2-4-1.jpg
11:04 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)