矢野工務店のコンセプト・・・無いものは造る! 

新子

広告挿入位置。必要なければ削除。
今年初めてのメジカの新子です。

メジカはソウダガツオ(宗太鰹)の仲間で、

生まれて一年以内の若いメジカを新子(しんこ)と言います。

須崎ではその大きさからロウソクと呼ばれています。

今や「カツオの塩タタキ」は全国的にも有名ですが、

旬がひと月程しかないメジカの生はそれ以上に絶品です。

夏が旬の仏手柑(ブッシュカン)を醤油に絞りその皮を軽く擦って

高知県民しか食べない?リュウキュウと一緒に食べます。

その日に釣ったメジカをその日に食べます。

生の新鮮な「もちもち感」が味わえます!

ビールがすすみます!

2016-08-15-1.jpg


スポンサーサイト
広告挿入位置。必要なければ削除。
09:30 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)