矢野工務店のコンセプト・・・無いものは造る! 

eCO

広告挿入位置。必要なければ削除。
温暖地(高知県を含む)で次世代省エネ基準レベルの断熱性能を持つ住宅の

普及率は 20%前後だそうです。

「適切な断熱化によって快適で省エネの住宅ができる」という意識を持たずに

エアコンなど暖冷房設備の強力なパワーで快適性を確保しているのが現実のようです。

しかしながら、環境配慮や省エネを求められる現在では、多くのエネルギーを消費して

快適性を求めるスタイルは時代にそぐわないと思います。

~住宅の断熱化は快適性を確保しながら省エネ効果をもたらす、

        これからのエコな住宅の必須条件です~

2009-7-023-E1.jpg
最近、家内がお気に入りのエコバック・・・娘が買ってくれたそうです。



スポンサーサイト
広告挿入位置。必要なければ削除。
18:52 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)