矢野工務店のコンセプト・・・無いものは造る! 

スポンサーサイト

広告挿入位置。必要なければ削除。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告挿入位置。必要なければ削除。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

オガファーザー。

広告挿入位置。必要なければ削除。
「そらたかハウス」で内部の壁紙、オガファーザーの施工中です。

2013-4-9-1.jpg

オガファーザーは再生紙に木材のチップを擦り込ませたドイツ生まれのエコロジーな壁紙です。

普通、ビニールクロスは透湿性が無いのでカビが発生しやすく、防カビ材を使用しています。

この防カビ材が人間に良くない。

国の基準値以下と言えども入っていることは確か。

オガファーザーは透湿性が良いので元々カビは発生しにくいため防カビ剤は入っていません。

また、ビニールでは無いので静電気を起こさない。

つまり表面にホコリがつきにくく汚れにくい。

ちょっとした汚れなら消しゴムで消せるし、将来は専用の塗料でペイントすることも出来る。


難点は施工が難しいところ。

土佐和紙のように重ね張り出来ないので突き合わせの継ぎ目がわかりやすい。

優れた職人の施工が必要であるし、張り方のテクニックも必要。


私が特に気に入っているところは、光の反射が美しい所。

自然な調光はもちろん、白熱灯や蛍光灯、LEDの照明器具でも柔らかなマット調の光の演出をしてくれます。

この光の演出はビニールクロスや土佐和紙では絶対に出せない。

2013-4-9-2.jpg

2013-4-9-3.jpg

4月21()の「そらたかハウス」見学会ではオガファーザーの光の演出も見て下さい。



※4月27()と28()見学会予定の朝倉「いまかどはうす」でもご覧いただけます。


スポンサーサイト
広告挿入位置。必要なければ削除。
09:13 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。